K1300Sインプレッション(2)~K1300Sを選んだ訳~

K1300Rにせず、Sの方にしたのはやはり、走行時に受ける風の問題。

これは最後の最後まで迷った。


RIMG0002.JPG


RIMG0005.JPG


RIMG0011-1.JPG



あの思いっきり傾いたエンジンがむき出しで見えているのと、異形のフロントマスクは魅力的だったが、KATANAの後に3年程乗ったCB1300SFでカウルのない辛さを知ってしまい、泣く泣く、Sにした。

でも、Sの方ももちろんカッコいい。

HAYABUSAや、ZZR1400ほど、エグいデザインではなく、K1300Sはすっきりしていて、よいデザインだ。

Rの異形さに惚れてはいたが、HAYABUSAや、ZZR1400のデザインは、私にはK1300Rほどグッとはこなかった。



R3001946



あと、先のブログで書いたが、キリンが今なら何に乗っているだろうと考えたとき、きっとそれはK1300Sにちがいないだろうと思ったというのもある。

そう、「キリン」に出てきたBMWに興味がなんてと書いたが、K1200Rにグッときてからは、いつのまにかBMWを受け入れている自分がいた。

最新のBMWの中には、日本車との距離を縮めて、日本車の文法を採り入れつつ、彼らのバイクを構築しているものがある。

K1300Sはそういう新世代のBMWである。

私はまんまと彼らの戦略の通りに心を動かしてしまったのかもしれない。

しかも、そうこうしているうちに少し古いBMWにも魅力を感じるようになってきた。(これもまた彼らの戦略の一部だったろう)

K1200RSなんてとてもいい。

(話は少しそれるが、「キリン」の18巻で、キリンがマスターにハンドサインを送り、マスターがキリンに気づいたときの「おい、キリンか!?」の台詞のところは本当にグッときた。)

まあバイクを選ぶときには、無理矢理にでも「物語」を作った方がいい。

そういうわけで(凄く高かったけれど)私は新しいバイクにK1300Sを選んだ。

つづく


このブログいいじゃねえかと思った方、クリックください。とても励みになります。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

by jonah_motorcycle | 2012-05-01 00:55