BMW BIKES ヒミツの集会

浜松のBMWディーラー、DATZで開催されたBMW BIKES誌主催の「ヒミツの集会」に参加してきた。

奈良から往復450キロの(私にとっては)弾丸ツーリングだ。

私は元々高速を走るのが好きではない。

どうしても飽きてしまう。

いや、あまり遠くへ行くのが好きではないのかもしれない。(それはバイク乗りとしてどうか)

知っている場所をウロウロ450キロを走ることはあるくせに、「遠いところ」へ行くと成ると躊躇する。

今日も朝から行こうか行くまいかウロウロ考えた末、やっとこさ行くことにしたくらいだ。

まあ、ともあれ行ってきた。

針から名阪国道に乗り、東名阪、伊勢湾岸道、東名道を通って、浜松西で降りる。

DATZは浜松西を降りて30秒程のところにあるので、まさに99パーセントが高速という初めての体験。

P5130518.JPG

これは確か、「刈谷」のハイウェイオアシスだったか。

P5130520.JPG

高速道ツーリングをほとんどしないので、最近の高速SAの充実ぶりに驚くも、充実のフードコートの食事がなんか重そうだったので、小ぶりの美味そうなのを買って食べる。

P5130519.JPG

バイクを停めた目の前のベンチに座って食べた。

よい天気だけれど、暑くなく、大変気持ちよかった。

P5130547.JPG

昨年、針テラスにやたらとBMWのバイクが集まっているときがあって、なんじゃこりゃと思っていたら、あれが「ヒミツの集会」だった。

あのときは知らなくて、横目に見ながら参加できなかったが、知ってたらここまで来ることもなかっただろう(笑)

P5130545.JPG

色んな人のブログでその名前をよく聞く、「DATZ」。

P5130538.JPG

P5130541.JPG

P5130536.JPG

P5130534.JPG

P5130528.JPG

やはりボクサーが多くて、Kは肩身が狭い?(笑)

実際、縦Kはほとんどなくて、K100とかK1100は一台もなかったように思う。

BMW BIKESのアンケート係の人と、アンケートのことで話をしたとき、K100RSの素晴らしさについて少し盛り上がった。

P5130543.JPG

集会の内容はというと、正直、ジャンケン大会をして、皆で記念写真を撮っておしまいという感じだった。

段取りが率直に言ってあまりよくなく、「グダグダ」な感じだった。

別に怒っているとか、不満なわけではないが、ああいう場面はやっぱり盛り上げたいもので、何なら私が司会をやりましょうかというような気持ちになった。

雑誌の主催で人を集めて、わざわざ遠くから多くの人が来ているのであるから、もうふた工夫くらいした方がいいのじゃないかなと思う。

自分が楽しむよう工夫したり努力するべきであって、人に盛り上げてもらうのを期待するのはどうか、という考え方もあるが、それは素人が主催した集会ならそうだろうが、これは雑誌が主催したイベントだ。

今日、ここへ来た人は自分が載ったBMW BIKES誌を必ず買うだろう。

売上も上がるし、雑誌のファンを増やしたいという意図があるのだから、多少はもてなすというか、もてなすとまではいかなくとも、イベントを盛り上げる努力くらいはするべきだろうという話である。

まあ、ぬるい感じも悪くはなかったのではあるが、どうしてもイベントは仕事目線で見てしまう。

参加した方のバイクをチェックし、いいグッズはないかとか、色々なものをとりつける工夫とか、ステッカーの貼り方とかを観察させてもらったから、私は私で楽しむことはできた。

帰りは「浜松西」にのってすぐにある、浜名湖SA、ハイウエイオアシス?でせっかくなので土産物を物色する。

P5130550.JPG

青い隼、通称アオブサの集団がバイクを停めていたので、思わずシャッターを切った。

これはカッコいい。

P5130549.JPG

行きは遠くても、帰りがあれほど早く感じるのはなぜだろう。

あっと言う間に針テラスまで帰ってきた。

時間を計ってたが、かかった時間はまったく一緒だったけれど(笑)

P5130551.JPG

ああ、カタナが停まっている。

カタナはカッコいい。

許されるならば、集合マフラーとサスだけいいのを入れた、ほぼノーマルのカタナをもう一度所有してみたい。(昔カタナに乗っていたのだ)

私がK1300に惹かれる理由の一つは、そのホイールベースの長さである。

カタナもホイールベースが長くてとてもカッコイイ。

ホイールベースの長いバイクは人が乗ると人車一体となり、とてもライダーをとても格好良く見せてくれる。

P5130552.JPG

「ヒミツの集会」でも見れなかったオールド縦Kが。

しかもK1。

針まで帰ってくるとホッとする。

針テラスに寄らずに帰ってもよかったが、事故を起こしやすいのは家から近いところとはよく言われることだ。

疲れても疲れていなくても、家の2、30キロ手前で休憩しておくのはとてもよいことだと思っている。

家に着いたら、体はまったく疲れておらず、心地よい「疲労感」だけがあった。

さすがBMWだと思った。









このブログいいじゃねえかと思った方、クリックください。とても励みになります。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

by jonah_motorcycle | 2012-05-13 23:59 | ツーリング