K1300Sインプレッション(4)~K1300Sのカッコイイところ~

HAYABUSAやZX-14はとてもカッコイイバイクだが、一点納得のいかないところがある。

それは両車とも二本出しのマフラーのボリュームが大きすぎてデザインを損ねているところだ。

外側へ向かってどーんと伸びた巨大なマフラーは購入した人の多くが何とかしたいと思っているのではないだろうか。(実際マフラーを交換している人は多い)

騒音規制その他の問題があるのは重々承知しているが、それでも・・・と思う。

あるとき、どんなマフラーがカッコイイかということが話題になったことがある。

つまり「カッコイイマフラーの条件」とは何か、ということである。

そのとき出た意見の中に「カッコイイマフラーはできる限り車体に近づいていなければならない」というものがあった。

マフラーはできるかぎり車体の内側にある方がよい、ということであるが、私もそのとおりだと思った。



R1001739.JPG


K1300Sのマフラーは、まさにその法則の通りのマフラーだ。

リアタイヤとの隙間が実際2センチほどしかないのは本当に素晴らしいと思う。

BMWはこの集合マフラーで日本の騒音規制をクリアしつつ、フルパワーを絞り出している。

1200のときは「日本の安物のリプレイスマフラーのよう」と揶揄されたが、1300になって、とてもよいデザインのマフラーになった。(私は1200のマフラーが嫌いではないし、音は1200の方がよかったと思うが)

この車体にぐっと近づけられたマフラーが、K1300Sをリアビューをうんと引き締めている。

これは相当こだわった設計、デザインの賜物だと思う。



R1001741.JPG



K1300Sのデザインはエグみこそないものの、すっきりとしていて、とてもレベルが高いと私は思っている。

フロントマスクはいいけれど、リアとのバランスが悪いとか、マフラーがとってつけたよう、などというところがない。

各パーツのデザインと、全体のデザインのバランスを調和させるのは、デザイナーと設計の相当な努力がないとできるものではない。

小手先のカッコよさを狙っていないところがとてもクールなバイクなのである。

(一方で、K1300Rという、超エグいバイクも同時に出している。唸らされるなあ。)



このブログいいじゃねえかと思った方、クリックください。とても励みになります。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

by jonah_motorcycle | 2012-05-22 21:26