K100RS is BACK!!

K100RSが戻ってきた。

R4000834.JPG


昨日、梅雨の合間の晴天だったので、月ヶ瀬周辺を150キロほど乗り倒してみた。

納車直後はちょっと勝手が違うなと思ったK100RSのハンドリングだったが、タイヤの空気圧をfront 2.25 rear 2.5 にしたら、とても走りやすくなった。(納車時は前後2.4だった。)

もしかしたらリアはもうちょっと低い方がいいかもしれないとも思ったので、今度乗るときに2.4くらいを試したいと思っている。

空気圧の設定が上手くいったら、とたんに取っ付きやすい良いバイクになったのでとてもうれしい。



R4000840.JPG


神社でお祓いしてもらう。



R4000838.JPG



隣は最新のベンツ。

こっちは25年前のバイク(笑)



R4000837.JPG


針テラスでは2台のBMWが停まっていた。



R4000833.JPG



最初、ブレーキが甘くてどうしようと思っていたが、少しアタリがついて効くようになった。

それでも最新のバイクと同じように効くわけではない。

ただその分、K100RSはリアブレーキがかなり効く。

このリアブレーキは効きすぎだと思う人も中にはいるだろう。

もしかしたらBMWはわざとそうしているのではないかと、ふと思った。

昔からBMWはブレーキ時にノーズダイブをさせたくなくて、フロントとリアの両方で減速させることにより、車体の安定性を確保させたかったのではないだろうか。

フロント、リア両方をしっかりかけると、それなりのブレーキの効き方をするし、それで車体は安定する。

ノーズダイブもしない。

その思想が今日のデュオレバーのシステムにつながっているのではないか。

K100RSに一日またがっていたら、そんな気がしてきた。

バイクを自分に合わせようとカスタムするのもいいが、自分をバイクに合わせようとすると、ふとそのバイクの思想みたいものが見えてくるときがある。

まあ私の思い違いかもしれないが、K100RSはBMWがとにかく様々な思い入れと思想を持って作ったバイクであるから、それを読み解くように乗っていきたいと思っている。




このブログいいじゃねえかと思った方、クリックください。とても励みになります。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

by jonah_motorcycle | 2012-07-05 22:03 | K100RS